薊岳(1406m)
                 2010/9/17

「山歩き」の会の「薊岳」の登山である
8時 近鉄橿原神宮前をバスで出発。
まだ雨は降り始めていないが、雨予報の嫌な天気である

内炭講師から「薊岳から明神平に出て、下る予定を考えたが、
雨の心配もあり、明神平からの下りの道が心配なので薊岳の往復コースにします」と
出発のバスでの説明であった。

9.57分 登山口に到着。
 
準備体操を終えて、10.11分出発する。
 
10.29分 二階岳に到着、休憩。
 
10.35分 二階岳山頂で記念写真を撮り、木の実矢塚に向けて出発。

10.38分 尾根歩きの樹の間からちらっと山並みが見えが、残念ながら素晴らしいな、という感じは起こらない。
しかし、緑の中を柔らかい土を踏みしめていく感触は、すばらしいなあ、と思う。
   

 
11.15分 木の実矢塚山頂に到着。休憩。
警察から協力お願いの掲示板が掛かっている。
「平成21年12月14日 薊岳登山口(麦谷林道)に車を置いて入山。70歳の男性が行方不明。
服装は、作業服とスニーカー。携帯電話と本。薊岳方面に登り戻る途中に道に迷った(滑落)の可能性あり

と。
  
11.25分 木の実矢塚山頂で記念写真を撮って、出発。
空も雲って、雨も近づいている模様である。
何とか薊岳に着いて、昼食が終わるまで、何とか降らないでくれと、願いつつ、出発する。
 
木の実矢塚からは一旦下って、また登りになる。
11.42分 薊岳への登り途中から、今下ってきた木の実矢塚を眺める
  
12.00分 薊岳山頂に着くなり、雨となる。急いで雨具を付ける。
山頂からの展望がまったくない。残念!!

2008/5/3に、内炭とうちゃんガイドで、薊岳〜明神岳〜桧塚へのコースを案内してもらったことがある。
その時は晴れていたので、素晴らしい展望ができた。
ここでその時の写真を、3枚お見せしましょう。
これは、国見山方面の眺望である

遠くに大普賢岳と弥山・八経ヶ岳などの峰を見られる。



今日の山歩きも、上のような光景を眺めたかったのだが・・・・

山頂で雨のためゆっくり休憩もできず、記念写真を撮って、すぐに下山する。
12.42分 木の実矢塚に着いて、雨の中での昼食である。
まあまあ土砂降りでないのが幸いである。
13.02分 下山開始。
  
13.38分 二階岳に到着。

13.52分 登山口に到着。
到着すると、K嬢が下りの途中で、脚を滑らし、手をついた時に手首を痛めたという。
骨に異常がある。内炭さんがサポーターで保護してやる。
残念ながら無事終了という訳にはいかなかったが、
今日の山歩きもこれで終了である。


     ― おわり ―