学能堂山(がくのどうやま:1021m)登山
                     2006/1/18

「山歩き」の会の「学能堂山」登山である。
「山歩き」の会に参加した第2回目の2003/11/19に、
この学能堂山に登ったことがある。
杉平〜学能堂山〜神末上村のコースであった。
今回はこの逆のコースを歩くという。


8.15分に、桜井駅からバスで出発。
9.55分 神末(こうずえ)上村バス停に到着。
準備体操をして、10.00分スタートする。 
 
遠くの三峰山(みうねやま:1235m)には雪が積もっているのが見られる。
  
神末上村から1.1km歩くと、
10.30分 小須磨(こすま)峠に着く。
「学能堂 3.0km」の道標がある。
ここからは林道から別れて杉の樹林帯を登る。
 
10.59分 三峰山への分岐点に到着、休憩。
「学能堂 2.1km、 神末上村 2.0km」の道標がある。
 
11.10分 背後を眺めれば、視界が開け、三峰山が眺められる。

11.18分 枝先やススキに霧氷が見られる。
  
11.21分 雪の積もった尾根を歩く。
 
11.29分 張り巡られた金網越しに倶留尊山が見られる。

11.30分 標高982mの「白土山(しろつちやま)」に到着。
「白土山」の文字は消えて読めない。

11.33分 目の前が開け、「学能堂」の山頂が見えてきた。
雪が多いだろうと予想していたのに、
まったく雪がない山頂を眺めて、期待を裏切られた感じがする。
ここから佐田峠までいったん下り、
それから山頂までが急な登りなのだ。
 


11.47分 佐田峠に到着する。
「学能堂 0.4km」の道標が立っている。
この400mの急な坂を登れば、山頂である。
途中から歩いてきた道を振り返って写真をパチリ!

12.03分 「学能堂」の山頂に到着する。
山頂からは360度視界が広がっている。
 
山頂からの眺望(西〜北〜北東方面) ・・・・・・・・・右の方に倶留尊山(くろそやま)、大洞山(おおぼらやま)、尼ガ岳が隠れていますから、スクロールして見てくださいね

山頂から南東〜南方面の眺望

山頂の雪の上に腰を下ろして昼食。

12.38分 山頂で記念写真を撮る。

12.43分 下山開始。
北斜面はかなりの雪が残っている。
 
14.03分 昨年11月にのぼった大洞山(おおぼらやま)が見えて来た。
 
14.21分 杉平バス停に到着。

ここからバスに乗り、「姫石の湯」に向かう。
「姫石の湯」で、汗を流し、ビールを一杯・・・うまい!
無事に終わったことに感謝する。

             ― おわり ―