銀杏峰(げなんぽ)1440m
                   2008/5/6


内炭さん主催の「銀杏峰」登山に参加した。
「銀杏峰」を「げなんぽ」と読むのだ。
その昔、中腹に銀鉱山があったことからその名がついたという。

大野市に入ってくると、これから田植えが始まるところだ。
水田の畦には芝桜が植えられている、珍しい風景が車中から見られる。

今日は、登山口から宝慶寺いこいの森までコースである。

10.55分 登山口に到着。 11.00分 出発。
階段状の登山道のちょっと上のほうに素朴な鳥居が建てられている。
  
銀山の面影をとどめた溶鉱石がころがっていた。登り始めからかなり急な登りが続く。右手の山が部子山(へこさん:1464m)である。残雪が見られる。
  
11.17分 鉱山跡に着くき、休憩。
 
11.48分 「ブナの木」の地点に到着し、休憩。
 
11.52分 正面の山が荒島岳(1524m)が見える。
その右手はるか遠くに雪いっぱいの白山(2702m)と別山(2880m)が見られる。
  
12.13分 登山道にも残雪が見られるようになった。
12.15分 「此より急登要注意 海抜約1200m」の道標が立てられている。
  
正面の山が部子山(へこさん:1464m)である。残雪も多くなってきた。
   



 
12.49分 海抜約1300m地点に到着。12.52分 「海抜約1380m」の道標に到着。
「80m」も登っていないのに? これ距離じゃないの? この標識おかしいよ。
 
部子山(へこさん:1464m)をバックに記念写真を撮る。

12.58分 銀杏峰の山頂が見えてきた。遠くには白い白山が見えている。



ザゼンソウがある。内炭さんがかがみ込んで愛用のカメラで写真を撮っている。
  
13.09分 銀杏峰(1440.7m)山頂に到着。360度の展望が楽しめる。昼食をとる。
 








13.38分 記念写真を撮って下山開始。


   

 
14.24分 前山(1150分)に到着。
  
14.59分 「仁王の松」に到着。 15.00分 「見返りの松」に到着。15.12分 「羽衣の松」に到着。
  
15.26分 林道登山口に到着。
  
15.45分 バスの待機場に到着。
今日の山歩きもこれで無事終了である。お疲れさ〜ん!
 

       

今日の山歩きで見られた花を纏めてみました
  

  

  

  

  

  

          ― おわり ―