御在所岳(1209m)
                   2013/11/20


「山歩き」の会の「御在所岳」登山である。
近鉄天理駅前を、7.50分にバスで出発する。

今日のコースは、「裏道登山口〜藤内小屋〜国見峠〜御在所岳〜武平峠〜駐車場」である

9.42分 裏道登山口に到着。ここからスタートする。
   
10.00分 2008年9月の集中豪雨で、今までの道が崩壊し、新しい道が造られている。

10.05分 紅葉が見られる



10.10分 ここも2008年9月の集中豪雨で、今までの道が崩壊し、上流から流れされてきたのだろうか、
大きな岩がごろごろ重なり合っている。新しい木の細い橋が架けられている。
   
旧い道はもう跡形もなく、岩の中の新しい道を進む。2005年5月18日にこのコースを歩いているのだが、
まったく様変わりしている光景にビックリである。
   

   
10.32分 藤内小屋に到着する。豪雨で被害があったとのことであるが、
災害の後、色々と小屋にお世話になったボランティアの方々が集まってきて 皆さんの力で結構早く復旧し、
今は営業も再開されているとのことである。
たまたま今日は休業日のようであり、戸も閉められていた。


右の方に新しい小屋が建築中である。

小屋から登り始めると、大きな岩がごろごろと重なり、今までの渓谷を埋め尽くして、古い道の面影はどこにもなく、
岩の間を新しい道が造られている。岩の広場を作り上げている。凄い様変わりだ。




   

  



 
11.06分 5合目に到着

11.09分 五合目からちょっと登ったところに「藤内壁出合」の表示板が立てられている。
「ロッククライマー以外の人は危険です。立ち入らないでください」と書かれている。
 
11.11分 藤内壁の岩壁が見られる。ロッククライミングが行われているとのことだ。

11.26分 登って来た道を振り返って、四日市方面を眺めた光景である

11.30分 6合目に到着
 
11.35分 6合目よりちょっと登ったところから藤内岩壁を眺める

11.48分 7合目到着。道に雪も見られるようになってきた
   
12.00分 8合目の国見峠に到着した。国見岳と御在所岳の分岐点である。12.12分 ロープウエーの山上駅の建物が山の上に見えてきた。
   
12.15分 四日市方面の展望である

12.18分 山上公園の案内板の地点に到着
   
正面が御在所岳の山頂である。もう少しである。

12.21分 スキー場に到着。雪はないのだが、観光客のためにスキーリフトが動いている。

12.30分 スキー場から見た国見岳方面の眺望である。

12.55分 御在所岳山頂(129.8m)に到着。
昼食する。風が強く寒かった。



山頂からロープウエー山上駅方面の展望



13.03分 記念写真を撮って、武平峠に向かって下山する

正面の山が鎌ヶ岳(1161m)である。

13.21分 武平峠へ下る途中からの鎌ヶ岳の光景

武平峠への道はかなり急なくだりで、右側は切り立った崖が多く、細い道なので足下に注意!
 
13.49分 武平峠に到着
 
14.00分 鈴鹿スカイラインに出る。

14.03分 バス駐車場に到着。
これで今日の山歩きも無事終了である。
お疲れさ〜ん!
 

        ― おわり ―