南アルプス・鳳凰三山(薬師岳(2780m)、観音岳(2840m)、地蔵岳(2764m))縦走
                           2009/9/19〜9/21


内炭ガイド主催の「鳳凰三山縦走」登山である。
日程は次の通り
9/19(土) 近鉄高の原駅〜芦安(夜叉神の森泊まり)
9/20(日) 夜叉神〜杖立峠〜砂払岳〜薬師岳小屋泊まり
9/21(月) 薬師岳小屋〜薬師岳〜観音岳〜地蔵岳〜御座石鉱泉(温泉&昼食)〜奈良
 

第一日目(9/19)

7時に近鉄高の原駅をバスで出発。
今回の参加者は、女性6名、男性3名の総勢10名である。
14.35分 夜叉神の森に到着する。今日はこの宿に泊まるだけである。
宿の前の道路脇にはずらっと沢山の登山客の車が停まっている。
連休なので登山者も多いようである。
風呂に入り、5時半より夕食。
   
明日は6時に朝食し、6時半に出発の予定である。
明日の天気が晴れますように祈りながら・・・・早い就寝である

第二日目(9/20)

5.13分 宿の外に出てみれば、「広河原」行きの快速バスが停まっている。登山客で満員である。
5時半にはバスが連なって10台目の前を通り過ぎていった。
甲府駅を4時に出発する休日に運行される「広河原」行きの快速バスだ、という。
  
5.50分から朝食する。食事を終えて、6.19分宿の玄関で記念写真を撮る。
今日の天候は快晴間違いなし、みんなの顔も晴れやかである。

宿のすぐ前が「夜叉神峠・鳳凰三山」の登山口である。標高 1380mである。
ここで写真を撮ってからスタートする。
バスドライバーの大西さんも夜叉神峠まで一緒に登るという。
空身なので、「私のリック担いで!」なんて言われているが、
「帰りの安全運転があるからね」と軽口が出ている


  
7.02分 「5本松」に着く。根本付近から5本に別れて伸びている。鳥の巣箱も見られる。
 
色付いた木はポツンポツンとたまに目につくが、まだまだ紅葉には早すぎる。
 
7.28分 夜叉神峠に着く。標高 1770mである。休憩。
 
青空に北岳、間の岳、農鳥岳の稜線がくっきりと見られる。素晴らしい眺望である。
 


8.27分 樹の間より富士山と南アルプス市街が見られる。
  
9.05分 杖立峠に到着。標高 2,180mである。休憩。
道標に「夜叉神峠 40分、 苺平 2時間30分」と書かれている。
 
9.26分 左手に樹の間より北岳を眺めながら進む。
  
9.34分 山からマウンテンバイクを引いて、おじさんが下りてくる。聞けば「辻山から」という。
乗って上ったのだろうか? 
 
9.54分 見晴の良いところに到着。標高 2,500mである。休憩。
道標には「苺平(辻山) 40分、杖山峠 30分」と書かれている。
 
北岳、間の岳をバックに記念写真をパチリ!











10.23分 内炭さんの「ここでちょっと振り返って」の声で振り向けば、富士山が見えるいる。
 




内炭ガイドがバイケイソウを見つけて、「バイケイソウは鹿は関西では食わないが、関東方面の鹿は食べる」と言いながら進んでいる。
「食べ物が少ないせいだ」と言われる。

10.55分 苺平に到着。標高 2,500mである。休憩。
道標には「杖立峠(大崖頭山) 60分、 南御室小屋 30分」と書かれている。
11.08分 出発。ダテカンバ?の樹林帯を進む。
汗はさほどかかず、風も時々吹き抜けるので爽やかである。
 
9.20分 「茅の岳、金峰山 奥秩父方面」と書かれている。

11.34分 南御室小屋に到着。ここで昼食する。



12.14分 昼食を終えて出発する。
小屋の裏には太陽電池が設備されている。炊事は薪を使っているので、たくさん積まれている。
急な上りが続く。
  
12.56分 「ガマの岩」に着く。休憩。ちょっと上の岩場に上れば、富士山や、目の前に仙丈ヶ岳が眺望できる。
 








13.31分 展望のいい岩場に到着




 




13.49分 砂払岳付近を進む。
  
13.55分 目の前に白い肌の薬師岳が見えてくる。
 






14.01分 薬師岳小屋に到着。ちょっと休憩の後、リックを置いて、薬師岳山頂まで登ることとする。
  
14.19分 薬師岳山頂に着く。標高 2,780mである。
  


山頂から360度展望ができる。素晴らしい眺めである。

八ヶ岳をアップで撮ったものである。

正面が仙岳ヶ岳である。その後方が北岳である。

右手が観音岳である。

右手方面は秩父山地、左手が八ヶ岳を望む。韮崎市方面市街地が広がっている。






 
小屋に戻って、5.30分から食事。
夕食を終えて、5.45分小屋の側の高台から夕日を望む。
明日も晴れますように・・・・・

明日は5時出発ということでお弁当をもらって寝る。
小屋は狭いので、隣の人と肩が触れ合うほどで、寝返りもままならぬほどだが・・・ぐーぐーぐー・・

第三日目(9/21)

夜中にトイレに起きた時、空を眺めれば星が瞬いている。
ああ、嬉しや・・・晴れ間違いないと思う。
4時には起きて、支度をし、朝食のお弁当を食べて出発する。
4.53分 支度を終えて、出発前の写真を撮って、
ヘッドランプを点けての出発である。
  
5.00分 朝焼け空に富士山の頭がポツンと浮かべている。
  
5.03分 薬師岳山頂に着く。まだ暗い。ちょっと休憩の後、5.12分観音岳目指して出発。もう歩くのにヘッドランプは不要である。
  
5.14分 の光景である。

5.27分 観音岳に着く。5.27分 太陽が昇ってきた。
  




5.33分 日の出と富士山をバックに記念写真を撮る。
 

 
5.41分 観音岳山頂からの展望である。



北岳を正面に眺めて、

5.51分 観音岳山頂で記念写真を撮る。

5.55分 地蔵岳に向かって出発。
  








富士山もうっすら見られる


  
6.17分 鳳凰小屋分岐点に到着。
道標には「観音岳山頂 40分、 地蔵岳山頂 30分、鳳凰小屋 30分」と書かれている。
 

 
6.46分 地蔵岳のオベリスクが見えてくる。
オベリスクとは調べてみると、
「オベリスク(obelisk)は、古代エジプト(特に新王国時代)に多く製作され、神殿などに立てられた記念碑(モニュメント)の一種」という。
頂上の尖端の岩が塔のように尖って、柱のように丸みのあるところから呼ばれているのだろうか?
  
7.09分 地蔵石仏が沢山安置されている。お地蔵さんの背後に甲斐駒ヶ岳が見えている。
 

 
オベリスクはチューリップの花のようにも見える。この写真は小さいので分かり難いが、
一番上に一人上っているのが・・・わかりますか?
  

  


7.43分 御座石鉱泉に向かってスタートする。
これからは下り一方である。道が砂状になっている。
  
下りながら、振り返ってオベリスクを眺める。
 
8.15分 鳳凰小屋に到着。休憩。8.44分 出発する。
 
8.51分 小屋からちょっと下ったところから富士山が見えている。
 
10.01分 甲斐駒ヶ岳が見えてくる。

10.02分 地蔵岳の山頂が見えている。あんなところから下ってきたのだ。よくぞ歩いたものだ・・・・と思う。
こちらから登るのは急登なので大変だと思う。

10.07分 燕頭山に到着。記念写真を撮ってまた下る。
 
12.37分 御座石鉱泉に到着。

無事全員元気に歩くことができましたよ!
素晴らしい天候に恵まれ、充実感いっぱいである。
ニコッと笑って、記念写真をパチリ! 今回の山歩きはこれで終了である
ご苦労さ〜ん!
 
お風呂に入って汗を流し、ビールで乾杯! すっきりした気分でおそばをご馳走になる。
ありがとうございました


          ― おわり ―