弘法トレイル①五番関~大天井ヶ岳~金峯神社
                      2016/10/19

「山歩き」の会の「弘法トレイル」一回目である。
弘法大師が吉野から高野山まで歩いたとされる「弘法大師の道」を、6回にわけて
これから毎月一回歩いていく予定である。

まず、「弘法大師の道」に関する「2012/9/10 奈良新聞」の記事をご参考ください

弘法大師・空海が少年の日に歩いた道を顕彰する「弘法大師 吉野・高野の道プ
   ロジェクト」。今年2月にルートが決定したのを受け、県は道しるべの設置に着手
   した。10月中にはハイカーがたどれるようにしたいという。尾根上のピークを結
   んで歩く難ルートで、健脚向けのコースとなりそうだ。〈増山和樹〉

  踏査重ねルート決定 県が道しるべ設置へ
       健脚向けコース 十分な装備必要

   ▽ 南に1日 西に2日
    空海が著した漢詩文集「性霊集」には「少年の日、吉野より南に行くこと1日、
    西に向かって2日で幽遠の地があった。名付けて高野という
」との記述がある。
    高野山開創につながる巡礼の道を顕彰しようと、「弘法大師 吉野・高野の道
    プロジェクト」が平成22年に発足、県も参加してルートの検討を進めてきた。
    現地踏査を重ね、今年2月の実行委員会で「弘法大師の道」が決定。
   聖徳太子ゆかりの世尊寺(大淀町)を起点に、吉野山から大天井ヶ岳(1439
    m)を経て西に折れ、武士ヶ峯(1014m)を経て 五條市の天辻峠に到着。さ
    らに1日で高野山に至ったとする。


「山歩き」の会ではこれから、6回に分けて歩き通す予定である。
第一回目 五番関→大天井ヶ岳→青根ヶ峰
第二回目 五番関→大天井ヶ岳→小南峠
第三回目 小南峠→扇形山→稔持峠
第四回目 天狗倉山→高城山→乗鞍岳
第五回目 天辻峠→白石岳→紀和隧道
第六回目 紀和隧道→天狗木峠→高野山


今日の第一回目は、五番関からスタートし、大天井ヶ岳~四寸岩山~青根ヶ峰~金峯神社までの
コースである。弘法大師は吉野からであるが、我々は逆コースである

9.39分 五番関登山口に到着。
  
準備体操。内炭ガイドから今日のルートの地図を渡され、コンパスの使い方の講義を受ける。

9.54分 出発。登山口からすぐに急な登りである。
   

 
10.19分 五番関に到着。吉野から山上ヶ岳への奥駆け道である。山上ヶ岳へはここから女人結界である。休憩。
  
10.30分 ちょっと視界開けたところで休憩。地図で現在の位置を調べる・・・地形を見ながら。
 
紅葉はあまりみられない。
  
11.17分 大天井ヶ岳(1438.9m)に到着。
  





 
11.26分 山頂で記念写真を撮って出発。


  


12.22分 二蔵小屋に到着。ここで昼食を摂る
 



   
12.48分 昼食を終えて出立。
 
12.58分 吉野大峯林道出合に着く。
 

  
13.36分 足摺宿に到着。休憩。
   
13.58分 四寸岩山(1236m)山頂に到着。休憩。
  
14.02分 四寸岩山山頂で記念写真
 


14.49分 林道に出る。道路標識には「山上ヶ岳・四寸岩山」と「吉野山」とある
 
舗装道路を暫く歩く
 
15.14分 青根ヶ峰への登り口に着く。
  
15.18分 青根ヶ峰(858m)山頂に着く。
   
15.20分 青根ヶ峰山頂で記念写真


 


15.38分 金峯神社に到着

15.45分 バス駐車場に到着。
これで今日の山歩きも無事終了である