三峰山(1235.4m)
                  2008/2/20

山歩きの会の「三峰山」登山である。
8時に桜井駅前をバスで出発する。

今回のコースは「みつえ青少年旅行村」から出発して、「不動滝コース」を登り、
「新道コース」を通って下山する周遊コースである。

9.34分 「みつえ青少年旅行村」に到着。
 
ここで、仕度をし、準備体操を終えて出発する。
 
9.50分 出発。雪が少し積もった林道を歩く。
 
10.18分 林道から不動滝コースへの分岐点に着く。
休憩し、ここでアイゼンをつける。
一台の自動車が上って来たが、ここからこれ以上進めず、
Uターンして引き返すそうとするが、この雪でタイヤが滑ってUターンできず、
我々四五人が車の後押しをして、漸く引き返していった。
 
10.31分 「不動滝コース」を歩き出して、4,5分すると鳥居が見られる。
  
10.37分 「不動滝」に到着する。水量は少ないが流れ落ちている。
  
「不動滝」のそばにかかる橋の下には氷柱のすだれがかかっている。
二人ほど滝の写真を撮りに来ている。三脚を立てて写真を撮っている。
 
11.12分 休憩をとる。
 
11.36分 避難小屋に着く。ここが「登り尾コース」との分岐点である。休憩する。
   
11.41分 休憩後に出発。ここから急に景色が変わり、樹氷の世界である。
  

  


11.55分 三畝峠に着く。「新道コース」の分岐点である。
尾根に着くと、陽も当たり、もう樹氷は見られなくなる。
 
12.03分 「木曽御嶽山ポイント」の表札がある。快晴の時は年数回見られるというのだ。
御嶽は見られないが、眺望が開けている。
 


12.09分 三峰山の山頂に着く。バス一台、我々より先に着いた登山客があったが、
この人たちであろうか、三々五々食事をしている。
我々も昼食する。
  
山頂から古光山、倶留尊山、大洞山、尼ヶ岳などが今日ははっきりと見えている。

12.36分 記念写真撮って出発する。

12.43分 「八丁平」に着く。休憩。
   



  
12.55分 高見山(1249m)の見えるポイントに着く。
  

  
13.08分 登り尾峠(1156m)を通り過ぎ、
13.23分 休憩する。ここで雪を投げ合って、還暦近い女性陣は乙女のような若い声を張り上げて、
キャッキャッと笑いこけている。
  
13.36分 「新道峠」に着く。高見山への分岐点である。
 
13.47分 ここだけが視界が開けて、遠くの山並みが見られる。
  
14.50分 「みつえ青少年旅行村」に着く。
  

「姫石の湯」に入り、今日の山歩きは無事終了である。

         ― おわり ―