七洞岳(778m)
              2007/7/18

「山歩き」の会の七洞岳登山である。
近鉄天理駅を7.15分に出発する。



西名阪を延々とバスで走り、「なんじゃもんじゃ広場」の駐車場に着いたのは10.25分である。
駐車場で休憩小屋?を作っていたおじさんが、
「下のほうは、ヒル(蛭)が多いよ」と言って教えてくれた。
スパッツ履いていてもヒルが入ってくるというのだ。
 
10.40分 出発する。ここはイノシシ除け?であろうか、ネットが張られている。
  
林道を延々と歩く。駐車場でおじさんが言った通り、ヒルがいる。
前を歩いていたTさんのお尻に、いつの間にかヒルが吸い付いている。
  
11.23分 林道の終点に着いて、休憩する。
ここからは一人ずつしか歩けない細い山道である。
 
11.42分 樹林帯を歩くので、景色も見えないが、時折このような景色も垣間見られる。
 
11.59分 伊勢湾が遠く見られる展望地点で休憩。
 
11.50分 主尾根の取付について休憩する。Gさんの足元にヒルが吸い付いている。
ヒルは人間の体温を感知して取りつくという。先頭を歩く人より、2番目、3番目の人が
ヒルに取りつかれるという。すごい感知力にヒルさんに脱帽!
 
尾根の取り付きから割合急な登りとなる。
右手に視界が開けてくる。浅間山であろうか?
 
岩場があり、濡れているので、滑るから要注意である。 
 
13.07分 右手に視界が開け、山並みがみられる。

13.25分 山頂に着く。
 
山頂からの眺望である。遠くに高見山が見られる。



山頂で遅い昼食である。今まで見えていた高見山がアッというなに雲に覆われ見えなくなった。
ほんとに5分も経たぬ間に、という感じである。
山頂から伊勢湾が見られるというのだが、雲に覆われ見られなかった。

13.56分 七洞岳山頂で記念写真を撮って、下山する。


上ってきた同じ道を下りる。
麓の近くはにわか雨が降ったようだ。道も草木の葉が濡れている。
全然雨にも遭わずに下りてきたので、不思議な思いがする。
バスの待つ駐車場に着いたのは、16.10分であった。
スパッツを脱いだら、ヒルが一匹ズボンに吸い付いていた。

ヒルの多い七洞岳の山歩きもこれで無事終了した。お疲れさ〜ん!

            ― おわり ―